2009年05月20日

アウトレットマンションのオークション

アウトレットマンションも不動産オークションとして販売されている物件があるんですね。
これは初耳だったので、このアウトレットマンションオークションについて少し触れてみたいと思います。
例えば、今、アウトレットマンションなどの不動産物件をオークションに出品(この場合は出品というのか・・)している会社は、その元となるアウトレットマンションの出所が気になりますよね。やはり、昨年から続いていた不動産不況により、各不動産会社が、破綻・民事再生法など適用し、その際あまってしまった、マンションや、一戸建てをオークションに出品しているらしいです。
やはり、インテリアなどの競りの如く、アウトレットマンションのオークション取引が行われるかは、また定かではありませんが、やはりネットなどを介してなのアウトレットマンション等のオークションでしょうね。
経営破たんから日本各地にある新築未入居マンションや地方の別荘などの不動産物件が、大幅値引きでアウトレットマンション等として売りに出されるのは消費者からしたらお得ですよね!アウトレットマンション購入の際にはやはり、気をつけなければならない事項もたくさんありますが。。
都心、例えば東京新宿や、渋谷、池袋などの都心部でもアウトレットマンションがこの不動産オークションでは1000万円台からのスタートらしいので、私もこの不動産物件のオークションには少し興味があるので参加してみたいです。。


TOP
posted by アウトレット爆発 at 14:27| Comment(0) | アウトレット物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

売れ残りアウトレットマンションなどの物件

アウトレットマンションや新築一戸建て・・このような物件今まで沢山みてきました。
何となくお買い得感はありますよね。でもどこか引っかかるアウトレット物件というなの文字。。
例えば3000万円台のアウトレットマンションの物件が、半値近くの1000万円台に・・なんて決り文句のアウトレット物件も少なくありませんね。1000万円以上の値引きと聞くとやはり、金額が大きいだけにそのアウトレットマンションの物件価値も過大に見えてしまいます。
果たして、このアウトレット物件はお買い得なのでしょうか。それとも、この不動産不況の中、アウトレットマンションなどの不動産を購入する事は正か否か・・。
元々、日本でアウトレット物件という言葉を聞き出したのが昨年夏辺りからでしょうか・。。アメリカに端を欲した世界金融危機からはじまり、この日本の不動産業界も一気に不況の煽りを受けましたね。
アウトレット物件も、不動産業界では増えてきたわけですが、その昨年の夏ごろから、次々と新築の分譲マンション等取り扱う不動産会社が次々に倒産、民事再生法の適用や破綻し、そこから、売主を失った新築マンションや不動産などのいわゆる「売れ残り物件」を今のアウトレットマンションなどの物件を取り扱う、こちらも「再販売業者」が登場してきました。
ここからが、嵐の如く、アウトレット物件のチラシや広告を目にしていく事となるのですが・・。


TOP
posted by アウトレット爆発 at 16:16| Comment(0) | アウトレット物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

アウトレット物件(東京都世田谷などのマンション物件

アウトレット物件もいろいろな土地の物件を比較していますが、今回は東京都世田谷区のアウトレット物件に触れてみたいと思います。
東京都世田谷区は、不動産も土地が高く、マンションや、アパートの賃貸物件でもとても高いイメージがありますよね。小田急線・京王線、井の頭線その他沿線もとおっていますし、新宿・渋谷・池袋など東京都の都心にもアクセスしやすですよね。
ですが、やはり世田谷区でもアウトレット物件は出回っているようですね。
世田谷区でも喜多見なんかに多いようですが、新築で4LDKでアウトレット物件がでていました。このアウトレット物件は一戸建てでしたが、最寄駅からは少し遠いようでしたが、田園都市線の「二子玉川駅」や小田急線「和泉多摩川駅」など時間はかかりそうですがマイカー持参なら、交通の便は問題なさそうです。
また、これら世田谷区のアウトレット物件も、内装も大理石使用や、沢山の収納設備、またセキュリティ面もとても充実していますし、このアウトレット物件の価格も4000万円台からと新築でありながら価格を下げているのはポイントだと思います。
何より、東京都世田谷という好立地で、アウトレット物件がみつかるなら、結構うれしいですよね。様々アウトレット物件での不動産の条件をしっかりと見定めたうえで新築、定価格とどこが違うのかを理解したうえで、アウトレット物件探しはしたほうがいいと思います。




TOP
posted by アウトレット爆発 at 15:31| Comment(0) | アウトレット物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。